電解還元水整水器なら日本トリム正規代理店シンスイにお任せください!

スマホ版のページを表示

シンスイ スタッフ雑記帳

Home > シンスイ スタッフ雑記帳

ビルトイン整水器、施工現場リポート「グラシア」編

|

例年、春から初夏にかけて注文が多くなるのがビルトイン整水器。
この時期は、下見や施工の依頼が増える傾向にあります。

現在、「US-100L」と「グラシア」の2つを取扱いますが、
新築やリフォーム時に引き合いの多い人気のモデルです。

どちらも、魅力的な特長があって迷ってしまいますが、
物理的に選択の余地がないという場合もあるのです。

こちらは、浄水器付シャワー水栓を備えたキッチン(タカラスタンダード)。


③タカラシステムキッチン.jpg











シャワー水栓と対称となる左側に空きスペースがあるので、
一見、ここにビルトイン整水器「US-100L」の専用水栓が
取付できそうです。

しかし、シンク下はこのようになっていました。

②シンク下.jpg












シンク下の排水管は、シンク中央付近。

その左側には食洗機が内蔵されており、その奥行きにも
余裕はありません。

排水管右側も、スライドキャビネットの収納が有り、
スペースは非常に限られています。

ビルトイン整水器は、あきらめなければならないところですが、
こういうケースには「グラシア」があるのです。

もっとも、お客様は「グラシア」を希望されていたので、
最初から何も悩むような問題はなかったのですが・・・・


⑮グラシア通水時.jpg











水道用水栓と整水器の両方の機能を備えた「グラシア」なら
元の水栓と交換するだけ。
新たに水栓を設ける必要がありません。

⑲グラシア取付完了シンク下全景.jpg












「US-100L」と「グラシア」の2つのモデルは、
様々なケースにおいて、ビルトイン整水器の設置を
より現実的なものにしてくれます。









 

  • カテゴリ一覧
  • 月別アーカイブ
  • 最近のエントリー

取扱い電解還元整水器

  • アンダーシンク型(ビルトインタイプ)|TRIMION US-8000
  • 据置型ワンウェイタイプ|TRIMION TI-9000
  • 据置型ツーウェイタイプ|TRIMION TI-8000

このページのトップへ戻る