電解還元水整水器なら日本トリム正規代理店シンスイにお任せください!

スマホ版のページを表示

シンスイ スタッフ雑記帳

Home > シンスイ スタッフ雑記帳

ホーローのシンクは施工業者泣かせ

|

ビルトインタイプは、「トリムイオンUS-100」になってから
本体がコンパクトになり、下見の結果取付が不可になることは
少なくなりました。

しかし、取付可否の判断はシンク下のスペースだけでなく、
整水器用の水栓を立ち上げる為の穴あけが問題になることも
あるのです。

たとえば、このようなホーローのシンク。

③ホーローのシンク.jpg









本来なら、中央のシャワー水栓の左右のどちらかに
38mmの穴をあけて整水器用の水栓を立ち上げるのですが、
硬くて割れるリスクもあるので多くの施工業者は難色を示します。

周りのタイル貼りの部分は、穴あけできないことはないのですが
割れるリスクがあってやはり難色を示す業者は少なくないのです。


シンクを交換するのも一つの方法です。
サイズが合えば、予めいくつかの穴があいたホーローのシンクも
あるようです。

何れにしても、標準取付の範囲には入りません。
悩ましいです・・・










 

  • カテゴリ一覧
  • 月別アーカイブ
  • 最近のエントリー

取扱い電解還元整水器

  • アンダーシンク型(ビルトインタイプ)|TRIMION US-8000
  • 据置型ワンウェイタイプ|TRIMION TI-9000
  • 据置型ツーウェイタイプ|TRIMION TI-8000

このページのトップへ戻る