電解還元水整水器なら日本トリム正規代理店シンスイにお任せください!

スマホ版のページを表示

シンスイ スタッフ雑記帳

Home > シンスイ スタッフ雑記帳

1WAYを離れたところに置くには!?

|

テレビCMの影響もあってか、お陰様でお問い合わせの多い新製品のHYPER。
その陰に隠れて知名度は低いのですが、HYPERのあとに登場した上位モデル
となる「H2-PREMIUM」も好評です。

H2-PREMIUMは、本体から自在に動く金属製のノズルが出ており、
ここから水素水を取水する1WAYと呼ばれる方式。

取水ノズルが自由に動くことから、口の小さい背の高い容器などにも水を入れ
やすいというメリットがあります。
また、水道水と水素水が出てくるところが異なるので、取水する際に水を間違
えることがないという特徴があります。

他には、分岐栓にカルシウムが付着しないことや、接続ホースが少ないなど
メンテナンスが手軽なところも魅力です。

ところで、欠点もあります。

取水ノズルの長さは標準で50cm。

シンク周りならまったく問題はありませんが、シンクからあまり離れたところには
本体を置くことができないのです。

先日、H2-PREMIUMを出窓の一段高くなったところに置きたいという要望があり、
さらに端に寄せて本体を置かなければならない理由があって、標準の50cmでは
対応できないケースがありました。

オプションで60cmのノズルが用意されており、多くはこれで対応できるのですが
今回のケースはこれでも長さが足らなかったのです。

途方に暮れるところですが、実は特注品があるのです。

その長さ80cm!!

①H2-PREMIUM(80cmパイプ)縮小.jpg


ノズルは自在に動くので、邪魔なら端に避けておくこともできます。


置き場所の関係から、ノズルの長さが足りずに整水器を断念したという方は、
この特注品なら問題を解決できるかもしれません。

一度考えてみてはいかがでしょうか?







「トリムイオンH2-PREMIUM」

 
「トップページへ」

















 

  • カテゴリ一覧
  • 月別アーカイブ
  • 最近のエントリー

取扱い電解還元整水器

  • アンダーシンク型(ビルトインタイプ)|TRIMION US-8000
  • 据置型ワンウェイタイプ|TRIMION TI-9000
  • 据置型ツーウェイタイプ|TRIMION TI-8000

このページのトップへ戻る