電解還元水整水器なら日本トリム正規代理店シンスイにお任せください!

スマホ版のページを表示

シンスイ スタッフ雑記帳

Home > シンスイ スタッフ雑記帳

幻?の高級魚アカムツ

|

2月に入り、約1ヶ月ぶりに海に出た。
週末となると、いつも風が強く海は荒れていたが、この日は久しぶりに海のコンディションも良い。

そういえば、昨年から深い海域にいる魚を狙い始めたが、まだ成果を出していない。
アマダイが釣れる海域より、更に深い所に生息するムツやキンメダイを釣ることが目標である。

海の様子も良いので、沖の深場でムツを狙うことに決定! 

エサは、いつもはサバの切り身だが、この日はイカの短冊を試してみることに・・・・

 

 ①.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深場とはいっても、水深200m前後なので比較的小型の道具で臨む。

今日は、もっと深い240~300mを試してみる。
仕掛けが落ちていく時間が深いことを実感させるし、妙にワクワクする。 

ほどなくして、竿先にアタリ!
しかし、これはオキギス。浅場で釣れるシロギスを、そのまま10倍くらいにしたような魚。
ちょっと、気持ち悪い。

お昼を過ぎた頃、風向きも変わりはじめると、少し吹いてきた。
ユメカサゴなど、それなりに晩のおかずは確保できたが、今日もやっぱり無理なのか・・・・

そう思い始めた頃、逆転劇が起こった!

水深計が240m付近を示しているところで、明確なアタリ。電動リールのスイッチを入れる。
水面近くまで、竿先は何度となく引き込まれ、やがてリールが止まる。

海面下を覗くと、赤い魚影が見える。アカムツだ!
なんと、このあとの投入でもアカムツが連続ヒット!

 ⑦アカムツ2匹.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、このアカムツが釣れたら真っ先にあることをすると決めていたことがある。

アカムツの口を開けて、のぞき込む・・・・

げっ!目が合った。ヤツは、やはりいた!
もう一匹のアカムツにも、やはりいるではないか!100発100中なのか!?

気持ち悪いが、ここで取り除いておかなければ、我が家のキッチンで悲鳴が上がる。
その正体を、我が家では誰も知らない。 

しかし、味は格別!

刺身、昆布締め、塩焼き、で食べた。
こんなに、美味しい塩焼きがあるなんて!

これなら、口の中にアイツがいようとも、何度でも釣りたくなるな~。

 

 

  • カテゴリ一覧
  • 月別アーカイブ
  • 最近のエントリー

取扱い電解還元整水器

  • アンダーシンク型(ビルトインタイプ)|TRIMION US-8000
  • 据置型ワンウェイタイプ|TRIMION TI-9000
  • 据置型ツーウェイタイプ|TRIMION TI-8000

このページのトップへ戻る