電解還元水整水器なら日本トリム正規代理店シンスイにお任せください!

スマホ版のページを表示

シンスイ スタッフ雑記帳

Home > シンスイ スタッフ雑記帳

ビルトイン電解水素水の追加工事(下見編)

|
近年では、スライドキャビネット(引出収納)のキッチンが多くなり、
ビルトイン整水器も奥行が10cmとコンパクトになったおかげで、
特に大きな問題もなくお取付できるケースがほとんどです。

まれに、追加費用の発生する標準取付工事の範囲を超える施工も
あります。
その一例をご紹介します。

下記写真は、下見に伺った時の様子。
他社製のビルトイン浄水器をすでにご使用になっており、
これを撤去したあとで、新たにビルトインタイプの電解水素水を
お取付するわけです。

写真の右側が他社製ビルトイン整水器。
これを撤去して、新たにビルトインタイプのUS-100Lをお取付します。
 

⑦シンク上(縮小).jpg 


シンク下がこちら。

②ヤマハ製品撤去(縮小)赤線入.jpg


下見の段階で、標準取付ではお取付できないことが判明・・・・

赤線の矢印部分にあるのが本体。
この本体を撤去しても、矢印の幅が狭くUS-100Lを設置できません。

設置を可能にするには、隣の排水管を左に移設する必要があります。

さらに、もう一つ気になるところが・・・


⑤(ホース曲り)(縮小).jpg


シンク下、給水管から水栓につながるホースが強く折れ曲り、
プレッシャーがかかっています。
折れ曲がると水量が落ちるなど、あまり好ましくありません。

引出を取り外した、シンク下の全体はこのような感じです。


⑥シンク下(縮小).jpg


左側の給水給湯管のある、ひな壇のようになっている下の部分を
開いて中の状況を確認したところ。

続きは、「ビルトイン電解水素水の追加工事(施工編)」で・・・





トップページへ

  • カテゴリ一覧
  • 月別アーカイブ
  • 最近のエントリー

取扱い電解還元整水器

  • アンダーシンク型(ビルトインタイプ)|TRIMION US-8000
  • 据置型ワンウェイタイプ|TRIMION TI-9000
  • 据置型ツーウェイタイプ|TRIMION TI-8000

このページのトップへ戻る