スマホ版のページを表示

電解還元水整水器なら日本トリム正規代理店シンスイにお任せください!

取扱商品

Home > 取扱商品 > 据置型(2WAY) TRIM ION TI-8000 > スタッフレビュー

スタッフレビュー

メーカーの日本トリムが、産学協同で電解水の研究に取り組んで以来、従来のアルカリイオン水とは異なる、還元性という新たな視点での研究が進められてきました。

アルカリイオン整水器から電解還元水整水器へと、メーカーの開発姿勢もこのモデルを境に大きく変貌を遂げてきたと感じさせるのです。
現在のトリムイオンシリーズにおける、その原点ともいえるモデルではないでしょうか。

実は、商品名にトリムイオンがついたモデルは古く、これよりさらにさかのぼるのですが、この「トリムイオンTI-8000」(以下、TI-8000)に採用されている中核をなす技術は、これ以降のトリムイオンシリーズの新製品にも多く受け継がれているのです。
代表的なものに、「ダブルオートチェンジクロスライン」があります。

これは、前モデルの「トリムイオンTI-7000」(以下、TI-7000)に搭載された「オートチェンジクロスライン」がその原型となりますが、「TI-8000」に搭載されたものは、性能や品質はもちろんのこと、見た目にも全く別物といえるほどのものでした。それには、さらに安定した還元水をつくり出すための改良が施されていたのです。

この他、やはり当モデルから採用された「スイッチングレギュレーター」も、地域の異なる水質において、安定した還元水をつくり出すために搭載された機能なのです。
これらは、以降に登場したモデルにも受け継がれていくことになります。

整水器の外観に目を移してみても、「TI-7000」に見られた「アルカリ」表示は消え失せ、このモデルからは「還元」という表示を採用し、カタログ全てにわたり徹底されています。
これ以降、トリムイオンシリーズから「アルカリ」表示を見ることはなくなります。

このように、電解還元水整水器として、メーカーの開発姿勢を分かり易い形で反映した最初のモデルは、トリムイオンシリーズでは「TI-8000」だと思うのです。

今となっては目新しいところはありませんが、現在も販売が続くロングセラーであることは、このモデルの完成度が高いことも無関係ではないはずです。
さらには、置き場所を選ばないという利点を持つ、シリーズ唯一の2WAY方式であるという一面もあるでしょう。

難を言えば、デザインがやや古さを感じることと、水圧が低いところでは、水が出てくるまでにじれったく感じてしまうことがあります。
切替レバー(分岐栓)の清掃も、使用環境によってはそれを面倒に感じる方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、これらは2WAY方式のメリットの裏返しでもあり、デザインについては個人的に見慣れてしまったこともあります。

もしも、トリムイオンシリーズでもっともコストパフォーマンスの優れたモデルを挙げるなら、私はこのモデルになるでしょう。


水道直結連続生成
据置型電解還元水整水器

TRIM ION TI-8000

医療用具製造承認番号:21000BZZ00545000

本体標準価格
238,000円(税別)
※取り付け工事費別

シンスイの取り付け・販売価格については下記よりお問い合わせ下さい。

製品のお問い合わせ・資料請求はこちら

お問い合わせ 資料請求
  • アンダーシンク型(ビルトインタイプ) TRIM ION GRACIA
  • アンダーシンク型(ビルドインタイプ) TRIM ION US-100L
  • 据置型(1WAY)TRIM ION TH-5HX
  • 据置型(1WAY)TRIM ION H-2 PREMIIUM
  • 据置型(1WAY)TRIM ION TI-9000
  • 据置型(2WAY)TRIM ION HYPER
  • TRIM ION NEO

生産終了品

  • THE KANGEN RD-2
  • 据置型(2WAY)TRIM  ION TI-8000
  • アンダーシンク型(ビルトインタイプ) TRIM ION US-8000

  • このページのトップへ戻る


    お問い合わせ 資料請求