電解還元水整水器なら日本トリム正規代理店シンスイにお任せください!

スマホ版のページを表示

シンスイ スタッフ雑記帳

Home > シンスイ スタッフ雑記帳

シンク下のトラブルは発見しにくい!?

|

ビルトイン整水器の設置をご検討頂くにあたって、
下見はおこなった方が良いことは前にもお話ししました。

下見は、取付け可能かを確認するのはもちろんですが、
その際に、お客様自身が気づいていないトラブルや、
その兆候を発見することもあるのです。

下の写真は、ワンレバー混合水栓の底部裏側、
つまり、シンク下側から水栓底部を見上げたところです。

①水栓底部シンク下裏側水漏.jpg













水が補強板にしみ出て、水栓を取付ける金属が錆びています。
シンク上の水栓は、常に水が漏れているわけではなく、
通水時に、水栓の首が左右に振れる継ぎ目から一瞬水が垂れ落ちる感じ。

状況から、かなり前から漏れている感じです。

意識してみれば容易に発見できるのですが、
そうでなければ、水回りなので濡れていることも多く気づきにくいでしょう。
ましてや、シンク下がこの様になっているとは思いもしなかったようです。


IMG_4151.jpg










こちらは別件。
キッチンも新しいこともあって、問題はありません。


万一、下見の際に水漏や腐蝕などが見られた場合には、
使用年数が長いものであれば、ビルトイン整水器を設置される時に、
同時に水栓のお取替えもお勧めしています。

将来、さらに大きなトラブルになる可能性を防ぐ意味もありますが、
コスト的にも安くなるからです。

シンク下のトラブルは、気づくのが遅くなる傾向にあり、
水漏も少量だと本当に気づきにくいものです。

その点、トリムイオンUS100Lグラシアは、
水漏センサーと止水機能を備えているので、本体の安心感は高いといえます。




トップページへ
 

  • カテゴリ一覧
  • 月別アーカイブ
  • 最近のエントリー

取扱い電解還元整水器

  • アンダーシンク型(ビルトインタイプ)|TRIMION US-8000
  • 据置型ワンウェイタイプ|TRIMION TI-9000
  • 据置型ツーウェイタイプ|TRIMION TI-8000

このページのトップへ戻る