電解還元水整水器なら日本トリム正規代理店シンスイにお任せください!

スマホ版のページを表示

シンスイ スタッフ雑記帳

Home > シンスイ スタッフ雑記帳

レントゲンに写っていたものは・・・

|

先日、少林寺拳法の昇段試験あった。
少林寺は学科試験の他、2人で技を掛け合う実技試験がある。 

いくつかのグループに分かれて、それぞれに試験官となる先生が付いた。
我々の班は男3人で、一人は190cm以上はありそう外人さんだった。

 

坊主頭でヒゲを生やした、少林寺の達人的な風貌の先生が私に歩み寄って来た。
一番若いという理由から、残る2人の相手をして欲しいと言う。 

 

どう考えても、この外人さんが我々小柄な日本人2人を相手にするのが筋とは思うが、ここは先生の言いなりである。

 

防具を付けているせいか、外人さんも遠慮無く蹴り込んでくる。

 

そしてアクシデントは起こった!!

 

蹴りを、手で横に払おうとしたそのとき、
相手の足のスネと、自分の握ったコブシの小指付近がぶつかった。

 

激痛が走る!

 

かくして、翌日病院行きとなった。
手を見ると、甲も腫れあがり、手のひらも薄黒く内出血していた。

 

 ①骨にヒビ(昇段試験)編集.JPG

 

 診察の結果は、骨に少しヒビが入っていて、全治3~4週間というもの。

レントゲン写真でも角度によっては分かりづらいもので、大したことはなさそう。

 

しかし、先生が何やら悩んでいる様子。

 

「これが何だか気になるなぁ、どう見ても人工的な異物だよなぁ」

 

確かに、よく見ると手首付近に棒状のものが2~3本くらいハッキリ写っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

そこに痛みは全くない。

先生は、シャープペンの芯のようにも見えると言っていたが、

だとすれば子供の頃に何かしでかしたのだろうか?

 

頭にクギや金属片が刺さっていても、気づかない人がいるらしいので(本当か?)

それに比べたらかわいいものだ。

 

先生によれば、これは心配することもないし、放っておいてもよいとのこと。

 

それにしても情けない。少林寺拳法もまだまだ未熟である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • カテゴリ一覧
  • 月別アーカイブ
  • 最近のエントリー

取扱い電解還元整水器

  • アンダーシンク型(ビルトインタイプ)|TRIMION US-8000
  • 据置型ワンウェイタイプ|TRIMION TI-9000
  • 据置型ツーウェイタイプ|TRIMION TI-8000

このページのトップへ戻る