スマホ版のページを表示

電解水素水整水器なら日本トリム正規代理店シンスイにお任せください!

整水器取り付け事例集

Home > 整水器取り付け事例集 > 取り付け事例(GRACIA)

1.取り付け事例

シンク下の様子はこちら

GRACIAは水道水と電解水の機能を1つに集約したマルチ水栓を有する整水器です。
向かって左のレバーが整水器用、右のレバーが水道用で右(外側)に開くことで出水し、上下の操作で水と湯を使い分けます。
キッチンの上は、ご利用の混合水栓をGRACIA専用水栓に交換するだけなので、ほとんどスペースを犠牲にすることなく利用できます。
シンク下は、スペースに制約があるスライドキャビネットを備えるキッチンですが、事前に下見を行っており本体設置場所や電源も支障なく施工もスムース。 シャワー付混合水栓からの交換ですが、GRACIAの水栓はハンドシャワーも備えるので、使い勝手を損なうことなくご利用頂けます。

商品詳細ページへこのページのトップへ戻る

2.ビルトイン浄水器を撤去してのお取付事例

シンク下の様子はこちら

キッチンはタカラスタンダード製。浄水器一体型のワンレバー混合水栓が付いており、浄水器本体はシンク下に設置するビルトインタイプ。
混合水栓とシンク下の浄水器を撤去して取付けることになりますが、一般的にビルトインタイプの整水器は、シンク下に整水器本体の設置スペースや電源AC100Vを確保できるかが問題となります。この他にGRACIAの場合は、専用水栓の径が大きく穴を拡げなければならないケースも考慮しておく必用があります。

商品詳細ページへこのページのトップへ戻る

3.ビルトイン浄水器を撤去してのお取付事例(2)



シンク下の様子はこちら

取付前のキッチン上は、左から浄水器の水栓(ビルトインタイプ)、ワンレバー混合水栓、シャワー。混合水栓とハンドシャワーは一体型が多いのですが、これは別になっている仕様。これら3つ全てを撤去して、GRACIAの水栓を中央に取付けますが撤去後に残る他の穴を塞ぐ必用があります。ステンレス製の化粧フタは少し厚みがありますが、天板を挟み込んでしっかりと塞ぐもので質感も高く豪華な天然石の天板にはピッタリです。
シンク下はディスポーザーも内蔵されていますが、開き戸タイプでスペースも広く、引出収納を取り外す必用もないのでカートリッジ交換などのメンテナンスは容易です。

商品詳細ページへこのページのトップへ戻る

4.GRACIAのココが便利!

1.ハンドシャワー付なので、洗い物やシンク内の清掃にも便利にお使い頂けます。

2.タッチパネルは、視認しやすい画面表示とメロディ音によって直感的に誰でも簡単に操作できます。また、カートリッジ交換のタイミングもひと目でわかります。

3.シンク下の水漏れにも安心の水漏センサー&電磁弁を搭載。水漏れを感知すると、これに連動し電磁弁が強制的に止水、これを警告音とパネル表示でお知らせします。

商品詳細ページへこのページのトップへ戻る